住まいのお役立ち情報

2020年版 完成棟数ランキング ベスト10 発表!!

2020年版 完成棟数ランキング ベスト10 発表!!

2020年版 完成棟数ランキング ベスト10 発表!! 東京経済(株)は民間の信用調査機関です。毎年、鹿児島県内の全住宅建築業者をまとめた 「住助」という本を発刊しています。 そんな会社が毎年発表している、鹿児島県内唯一の完成棟数ランキングです! 今回は、ベスト10の発表します!! ※今回の集計は平成31年4月期から令和2年3月期を対象としています。 順位 会社名 住所 決算期 棟数 1 ㈱七呂建設 鹿児島市石谷町 31/4 226 2 ヤマサハウス㈱ 鹿児島市錦江町 31/4 203 3 ㈱国分ハウジング 霧島市国分中央 1/9 189 4 ㈱トータルハウジング 鹿児島市西陵 1/12 127 5 ㈱センチュリーハウス 鹿児島市下荒田 1/5 104 6 ㈱晃栄住宅 鹿児島市山田町 1/5 95 7 万代ホーム㈱ 鹿児島市西別府町 1/8 89 8 丸和建設㈱ 鹿児島市東開町 2/3 86 9 MBC開発㈱ 鹿児島市樋之口町 2/3 83 10 ㈱シンケン 鹿児島市下荒田 2/1 78
2019年 完成棟数ランキング ベスト50発表!!

2019年 完成棟数ランキング ベスト50発表!!

東京経済(株)は民間の信用調査会社です。毎年、鹿児島県内の住宅をつくる全建築業者の本「住助」を発刊しています。 そんな会社が本気で取材したデータを基に、住宅をつくろうとお考えの方が一番気になる、どの会社が何棟くらい住宅をつくっているの?という疑問にズバリお答えします。 今回は、ベスト50位まで発表します! 2019年版ランキング50 順位 社名 所在地 棟数 1 (株)七呂建設 鹿児島市 211 2 ヤマサハウス(株) 鹿児島市 198 3 (株)センチュリーハウス 鹿児島市 111 4 (株)国分ハウジング 霧島市 110 5 (株)トータルハウジング 鹿児島市 107 6 (株)晃栄住宅 鹿児島市 98 7 MBC開発(株) 鹿児島市 84 8 丸和建設(株) 鹿児島市 78 9 三洋ハウス(株) 鹿児島市 76 10 (株)シンケン 鹿児島市 73 11 (有)中央ハウス 鹿児島市 68 12 南日本ハウス(株) 鹿児島市 55 13 三井ホーム鹿児島(株) 鹿児島市 51 14 (株)ベルハウジング 鹿児島市 46 15 ロイヤルホーム(株) 霧島市 44 16 (株)技建 薩摩川内市 42 16 (株)田丸ハウス 鹿児島市 42 16 ニューイングホーム(株) 霧島市 42 19 (株)Life plus home 霧島市 40 19 (株)あいハウジング 鹿児島市 40 21 (株)アートホーム 鹿児島市 39 22 旭住宅(株) 薩摩川内市 34 22 (株)松下孝建設 鹿児島市 34 22 (株)勇大ホーム 鹿児島市 34 25 (株)三ツ矢ホーム 鹿児島市 32 26 (株)キョクヨウ 姶良市 30 27 (株)アーバン開発 姶良市 28 27 (株)県民住宅 鹿児島市 28 27 (株)シースタイル 鹿児島市 28 30 (株)継南建設 霧島市 26 30 (株)ベガハウス 鹿児島市 26 32 (株)カナダプレイス 鹿児島市 25 32 (株)正栄ハウス 鹿児島市 25 32 (株)住まいず 霧島市 25 32 (株)タイセイ工務店 阿久根市 25 32 (株)村岡工務店 大崎町 25 37 (株)丸三建設工業 奄美市 24 38 (株)感動 鹿児島市 23 38 (株)マルカワ建設 鹿児島市 23 40 (株)かまつき商事 鹿児島市 22 41 (株)粹家創房 鹿児島市 21 42 深田建設(株) 奄美市 19 43 鎌田建設(株) 霧島市 18 43 (株)成建ホーム 薩摩川内市 18 45 (株)有村工務店 南さつま市 15 45 (有)リアルナンニチ 霧島市 15 47 小山工建(株) 鹿児島市 14 48 (株)サンタスホーム 鹿児島市 13 48 ベロコンハウス(株) 鹿児島市 13 48 (株)尾辻建設 指宿市 13 次回はトップ10の5年間推移をお送りします。
住宅ローンの選び方 (地元銀行とネット銀行住宅ローンのメリット・デメリット)

住宅ローンの選び方 (地元銀行とネット銀行住宅ローンのメリット・デメリット)

最近では、ネット銀行で住宅ローンを契約する方もいらっしゃいますが、近くに窓口のある地元銀行と比較すると、それぞれの銀行が取り扱う「住宅ローン」について、良い点、そして悪い点それぞれあります。 今回は、そのメリット・デメリットについて改めて紹介します。 地元銀行とネット銀行の比較 項目 地方銀行 ネット銀行 金利 高い 安い 手数料 安い 高い 審査 見えない条件も加味して審査 条件審査で厳しい 相談 対応可 不可 書類作成 お手伝い有 ご自分で <総論> ネット銀行は実店舗を置かないことで運営コストをカットしているので、金利が安いことが1番のメリットとして挙げられます。但し、手数料については、総じて高い場合が多く、住宅購入時に負担が大きくなりがちです。また、住宅購入時には、大切な住宅を守るための費用として、火災保険等への加入も必要で、意外と目に見えない支出があるのも事実。一生に一度の買い物といわれる「住宅ローン」。やはり、よく検討する必要がある商品です。 <審査> ネット銀行は、一般的に仮審査こそ早いのですが、その後の手続きで郵送による書類のやり取りが必要となるため、申込から融資までに時間がかかります。また、ネット銀行では、AI等を活用した審査がなされることで、お勤め人の方を中心に一定の条件が整う場合、審査スピードは速くなる傾向があるようです。但し、一定条件が整う方ばかりではありません。そうした場合、丁寧に収入状況、家族構成等をお聞きしたうえで審査をする必要があります。この場合、お近くの地元銀行窓口でご相談されるのが一番でしょう。 あと、住宅ローンの書類は、金消契約書の他に購入物件の資料等、多くなるのが常です。 その書類作成にあたっては、ハウスメーカーの営業職員、それから銀行員のお手伝いが必要となる場面もあるでしょう。 <相談> (団体信用保険) 相談することが大切なのが「団体信用保険」です。 団体信用保険については、住宅ローンの借主が病気やけがで、就労不能となった場合等の万一の時に、債務完済もしくは、債務圧縮に充当される保険ですが、この団信保険料については、金利の中に内包されていること、また、住宅購入時は年齢も若いことから、病気に心配ないということで軽視しがちです。 一方で、これまで取り扱った住宅ローンを見ると、総じて45歳を過ぎた体力も下り坂に向かうあたりから、皆様この団体信用保険の内容を気にされる様です。 それぞれ銀行で団体信用保険を取り扱っていますが、現在、「全疾病保障」「夫婦保障」等、各種取り揃え過去にないほど充実しています。「人生100年時代」と言われ、「二人に一人がガンにかかる。」という時代です。そういた相談を近くの銀行窓口でしてみてもいいのではないでしょうか。
建築業者どうやって選ぶ?3

建築業者どうやって選ぶ?3

今回は、最も大切と言えるかもしれない観点、営業マンについてです。 建築会社との間をつなぐ大切な役割をするのが営業マンです。 極論すると、営業マンは“会社のために”住宅建築の契約をとって成績が決まるんです。 決してお客さまのために働いているんじゃない! (ちょっと言い過ぎかも・・・) でも、面倒見の良い営業マンはいるものです。できれば、そんな営業マンとつきあいたいものですね。 まず、こんな営業マンは避けたい例をあげたいと思います。 初めて会ったのに、すぐ商談をする営業マン 関心は自らの成績ばかりを気にしていることの表れです。 会社の良いところばかりを並び立てる営業マン 良いところばかりを並べられると悪いところを隠しているのでは? と勘ぐりたくなります。調査会社の悪い癖かもしれませんね。 他社の悪口を言う営業マン ライバル会社を蹴落とすために、事実を脚色していることもあります。 提案をせず、しつこい営業マン お客様のことを第一に考えていないから、提案が出来ない。 早く契約を取ることだけに力を入れています。 約束を守らない営業マン 家づくりの要望をきちんと設計に伝えてくれているとは限りません。 出来上がってから、ここが違う、あそこが違う・・・なんてことに。 では、付き合いたい営業マンの一例を挙げたいと思います。 決して契約を急がせない。 きっとお客さまファーストでことを勧めてくれます しっかりした提案をしてくれる。 家づくりの経験豊富な営業マンはきっと素敵な提案をしてくれます。 話をじっくり聞いてくれる。 提案がしっくりこないときには、快く代替案を出してくれ、 要望を形にしてくれるでしょう。 家づくりは、施主、営業マン、設計、工事等々いろいろな人の共同作業です。後悔しないためにも、たくさんの営業マンと接してみて、営業マンの見分け方を身に着けるのも大切ですね。
建築会社どうやって選ぶ?2

建築会社どうやって選ぶ?2

前回、整理整頓、掃除の行き届きにスポットを当てて、建築会社の選び方を提案しましたね。 今回は、会社の規模についてのお話です。 一言に建築会社といっても様々な形態があります。 県外大手ハウスメーカー、地場工務店、大工さん、色々ありますよね。多くの棟数を経験している大手メーカーは選択肢も多く、倒産の心配も少ないなどのメリットがある反面、全国で各一化された仕様となっている場合が多く、融通が利きにくい面があります。 地場の工務店さんは大手と比べると1年間に完成させる棟数こそ少ないですが、その地域にあった工夫が随所に凝らされているものです。大工さんは実際に住宅を作る職人さんで、大手メーカー、地場工務店どちらも抱えていたり、下請けの業者にお願いしたりしています。 なので、あまり大手メーカー、地場工務店などとこだわって選ぶ必要はないと思いますよ。 ご家庭にあった要望をしっかり聞いて住宅を作ってくれる建築会社がベストです。その見極めには営業マンが重要な鍵を持っています。次回は、この営業マンのお話です。
建築会社 どうやって選ぶ?

建築会社 どうやって選ぶ?

一生に一度と言える家づくり。みんなどうやって建築会社を選んでるの?と疑問に思っても選び方がよくわからない。知り合いが作った会社だから。有名な会社だから。CMをよく見る会社だから。流れで。 本当に、そんな理由で選んで大丈夫ですか? 私は調査会社に25年間勤め、いろんな会社が倒産していくのを見てきました。いい会社だと思っていたのに、数年で傾いて倒産ということもたびたびありました。 家は何十年も住むのが普通ですよね。あとあとのメンテナンスが必ず必要になる家づくりだからこそ、倒産しそうにない会社を選ぶのが賢い判断と言えるでしょう。 では、どうやって倒産しそうにない会社を見つけるのか? 専門的には財務や実績など様々な角度から分析し、予想します。 でも普通はそんなの無理! なので、候補の会社の事務所や倉庫、そしてトイレがきれいかどうか?をみましょう。 設備が新しいかではなく、整理整頓、掃除の行き届き。そんなところがしっかりしている会社は、経験的にいい会社です!